So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

タクティカルライトの定番ThruNiteのTN12とフルオートトレーサーを買ってみた [エアソフトガン(トイガン)]

所有しているエアソフトガンM4A1 MWS用のタクティカルライトとしてAmazonで安かったライトを使ってきました。





このフラッシュライトは明るいのですが重いのです。

そこで定番のスルーナイト ThruNite TN12 XP-L V6 LED フラッシュライトを購入しました。

スルーナイト ThruNite TN12 XP-L V6 LED フラッシュライト(電池含まず) Max1100 ルーメン 五段階切替 使用電池 CR123A電池×2 or 18650電池×1 (TN12 2016 XP-L NW)

新品価格
¥4,995から
(2018/6/8 22:15時点)





開封の儀です。












防水仕様です。

電池は付属していなかったのでリチウムイオン電池を買いました。

【日本製セル KEEPPOWER 18650 3500mAh バッテリー】 電池ケース付属 パナソニック製Cell+SEIKO製PCB回路搭載 リチウムイオンバッテリー

新品価格
¥1,710から
(2018/6/8 22:29時点)





2016年モデルからライトモード切替スイッチがゴムから金属に変わりました。





M4A1 MWSのピカティニーレールに装着したタクティカルライトを今回購入したTN12と交換しました。
ピカティニーレールに対応したこのホルダーは可動式でオススメです。
フロントヘビーが改善されました。



電池がまだ来ないのでまだ光らせてはいないですが、1000ルーメン超えの明るさが期待できます。
ハンドガンだとTN12でも大きいのですが、M4A1 MWSでは丁度よい大きさです。

TN12はフラッシュライトとしてThruNiteの定番でオススメです。
今回のTN12の色はNW、つまりNEUTRAL WHITE(ニュートラルホワイト)です。

USB充電機能付きのTC12というのもあります。


ついでにこのようなものも買いました。

XCORTECH XT501 MK2 ウルトラブライト UVトレーサー

新品価格
¥6,300から
(2018/6/8 23:29時点)




畜光弾に紫外線を当てて発射して、実銃のようにBB弾を光らせるものです。
実銃と違うのは色が緑というところです。











銃の先端のフラッシュハイダーを外しこのトレーサーを装着します。
畜光BB弾がこのトレーサーの中を通るとき紫外線を浴びて光って飛んでいきます。

楽しいです。


nice!(0)  コメント(0) 

コスパ抜群の中華製ハイブリッドイヤホン、KZ社のハイエンド機ZS10を買ってみた。 [オーディオ・ビデオ]

以前書いた評価の高い中華イヤホン、KZ(Knowledge Zenith)社のZS6の上位機種ZS10を買ってみました。

ZS6はBAD(バランスドアーマチュアドライバ)2機とDD(ダイナミックドライバ)が2機という4ドライバ構成のハイブリッド型。
今回購入したZS10は片側BAD4機とDD1機の合計5ドライバ構成で両側合わせると10ドライバ構成の豪華なハイブリッド型。
筐体はプラスチック製です。


開封の儀です。


箱の表


箱の裏


箱を開けました。
豪華な箱ではありませんね。


箱の中身です。
いつものようにKZ社らしいです。


イヤホン本体です。
本体色としてブルーを購入しましたが、茶色のネットワーク基板が安っぽい色ですね。


本体とケーブルです。
今回のケーブルは他のKZ社の製品のようなゴムゴム感がないのでリケーブルの必要は無いと思います。


さて感想は
KZ社のこれまで購入してきた、ZST、ZS6のハイブリッド型とは違う味付けの音ですね。
ZST、ZS6ともバーンイン(エージング)が終わるまでさ行が刺さる派手な味付けでしたがこのZS10は箱出しのままでさ行が刺さることもなく上品な鳴らし方です。

ボーカルが遠く感じます。
そういう味付けなのでしょうかね。
ボーカルをメインに聞きたい方はZS5やZS6がいいと思います。
バーンインの必要はありますけどね。

購入したZS10のボーカルが遠いという原因が判明。
不良品であった。
購入したZKZ社のコスパ抜群のZS10はなんとリケーブルコネクタの配線がイヤホンの中で+ーが逆になっていた
http://deckard-atom.blog.so-net.ne.jp/2018-06-10

低域もよく出ています。
分解能も高いです。
分解能高いけど定位がぼやけてる感じはします。

バーンイン(エージング)が終わるまでの音の派手さではZST、ZS5、ZS6がいいですね。
インピーダンスが32Ωと高めなので音が小さくなりますので他のKZ社のイヤホンと比較する場合ボリュームの調整が必要です。

ハウジングはZSTを二回り大きくした感じですが、僕は耳が痛くなるようなことはないです。
耳の小さい人はイヤーピースを工夫する等の必要があるかもしれないです。

片側BAD4機とDD1機の合計5ドライバ構成のこのイヤホンは国産機では太刀打ち出来ないコスパです。
あ、そうそう、所有しているZSTのケーブルの芯が折れてしまい使えなくなったので再購入しました。
ZST好きでしたので。2,000円ですけどね。
ZSTのバーンイン(エージング)していないボーカルのさ行のささり感が懐かしいです。
今回のZSTは無理やりバーンイン(エージング)しないでゆっくりと変化を楽しもうと思います。



KZ ZS10 イヤホン 高音質 イヤモニ型 ハイブリッド イヤホン 2pin ハイレゾイヤホン 4バランスドアーマチェア+1ダイナミック 搭載 5ドライバイヤホン カナル型 高遮音性 密閉型 中華イヤホン Yinyoo (ブラック)



nice!(0)  コメント(0) 

高評価のKZ(Knowledge Zenith)社のハイブリッドイヤホンを2つ買ってみた [オーディオ・ビデオ]

毎年、気になったイヤホンを2,3個買っています。

前回はイヤホン・ヘッドホン専門店のeイヤホンの人気を参考に買いました。
PHILIPS ヘッドホン インイヤーカナル式 ブルー SHE9713 2,980円

PHILIPS ヘッドホン インイヤーカナル式 ブルー SHE9713

新品価格
¥2,980から
(2016/10/9 18:03時点)





MUIX デュアルサウンド カナル型イヤホン IX1000 ブラック IX1000-BK 2,603円

MUIX デュアルサウンド カナル型イヤホン IX1000 ブラック IX1000-BK

新品価格
¥2,592から
(2016/10/9 17:05時点)




Auglamour Auglamour R8 4,500円

AUGLAMOUR R8 イヤホン カナル式 2016年6月最新型 HIFI高音質 ヘッドホン イヤーフック付 金属キャストハウジング 音漏れ防止 インナーイヤフォン リケーブル可能 アウトドアー適用 ケーブル耐久性改善 正規品保証(ブラック)

新品価格
¥4,500から
(2016/10/9 17:06時点)




Auglamour R8は評判の割には今ひとつでした。
まず、耳に装着する時良い音が聞こえる場所にしましたが、耳が痛くてダメでした。
イヤーチップをいろいろ交換したのですが純正が一番でした

Auglamour R8では結局あまり聞いていないです。

最近気になるイヤホンを発見しました。
会社名はKZ(Knowledge Zenith)社です。
最初に購入したのは下位モデルのKZ ZSTというモデルです。

KZ ZST ハイブリッドドライバイヤホン 1BA+1DD 高性能インイヤーイヤホン (no microphone)



これは2000円クラスですがイヤホンの中はバランスドアーマチュアドライバ(以下BAD)が1機とダイナミックドライバ(以下DD)が1機のハイブリッド型です。
この価格でBADとDDが1個づつとは驚きです。さて開封の儀です。

最初にKZ-ZST










KZ ZSTのカーボンぽいのはデザインだけです。
カーボンではありません。
プラスチックです。
耐久性は多少不安です。
音質ですが、今まで購入した5,000円程度のイヤホンはAuglamour R8だけです。iPhone 7付属のイヤホンも使っていないのですが、それを踏まえた上で、このKZ ZST は5,000円のAuglamour R8よりイイです。
AmazonやブログやYouTubeの評価もいろいろありますが。よくある評価としてはボーカルの高域が刺さるくらいでしょうか。
100時間位エージングしたら気にならなくなりました。
この価格でBAD、DDのハイブリッド型で2PINリケーブル対応です。
コスパ的にはいいのではないでしょうか。


次に購入したのは下位モデルのKZ ZS6というモデルです。

KZ ZS6 カナル型 イヤホン 高音質 2BA+2DD 4ドライバを搭載 ハイブリッド イヤホン 0.75mm 2pin リケーブル メタルハウジング Wooeasy (グリーンーマイク無し)



KZ ZSTが良かったのでKZ ZS6も買いました。5000円程度です。
これはBADが2機とDDが2機のハイブリッド型です。
左右合わせると、合計8ドライバ構成のハイブリッド型。
筐体はアルミ製です。
下位モデルのKZ ZS5は同じデザインですがビス止めではなくプラスチック製です。
オーディオファンやイヤホンファンの方はお解りかもしれませんが…。
そうです。KZ ZS6のデザインは高級イヤホン14万円のCampfire Audio ANDROMEDA のパクリです。

Campfire Audio ANDROMEDA CAM-4808

Campfire Audio ANDROMEDA CAM-4808

新品価格
¥139,640から
(2018/4/6 19:48時点)



ですがこのパクリは意図的ですね。
ガンダムっぽいデザインです。
最初に開封の儀です。


















箱出ししてすぐ、Dドライバ用のベントもあるので低域が締まり高域がキラキラして伸びの良い印象を受けました。
Amazonにおける評価数や評価の内容もとてもいいです。
僕の評価も同じ感じです。締まった低域、澄みきって伸びる高域、広がり感、この価格ではありえないくらいイイです。
低域から中域を鳴らすDD2機、高域から超高域を鳴らすBAD2機とも非常にいいです。
とくにドンシャリフェチや高音低音フェチの方にはオススメです。
両機ともバーンイン(エージングとも言う)を100時間以上行いました。
ですが毎日ピンクノイズや好きな音楽を鳴らしてバーンインを行い、日々音質が良くなっていくのを体験しています。
KZ ZSTとKZ ZS6では価格が倍以上違います。
KZ社の音の同じ音の傾向ではありますが、KZ ZS6はKZ ZSTと比較し音の広がり感と定位が凄くいいです。
イヤホンやヘッドホンの性質上頭の中で鳴っている感は否めませんが、広い空間から各楽器や音源の一つ一つが粒子となって聞こえてきます。
KZ ZS6はKZ ZSTより上品な音です。
ZSTもZS6もバランスド・アーマチュアの特性(補聴器の技術を使っていて高温域向き)で、ボーカルの高域で「さしすせそ」が刺さるということがあります。
評価の中にはバーンインをしないと高域が刺さるとの評価もありました。
バーンインで改善されるそうです。
僕も100時間バーンインして聞いてみたところ、ボーカルのさ行の刺さり感は改善されたみたいです。
ボーカルの高音の「さしすせそ」の刺さり感はKZ ZSTと同じです。バランスドアーマチュア特有かもしれないです。
イヤーチップは好みの分かれるところですが僕はシリコンよりウレタンが好きです。
音質的にも同価格帯の国産品は及ばない程良く、スペック的にこの値段でドライバー4機のハイブリッドは日本にはないですね。
中華イヤホンの実力が上がっていると思います。


KZ ZST ハイブリッドドライバイヤホン 1BA+1DD 高性能インイヤーイヤホン (no microphone)





KZ ZS6 カナル型 イヤホン 高音質 2BA+2DD 4ドライバを搭載 ハイブリッド イヤホン 0.75mm 2pin リケーブル メタルハウジング Wooeasy (グリーンーマイク無し)





nice!(0)  コメント(0) 

HDMI分配器(HDMIスプリッタ)によるHDCP解除とHDMI切替器。4K ULTRA HD版ブレードランナー2049を購入しました [オーディオ・ビデオ]

所有するBlu-rayレコーダーはPanasonic DMR-UBZ1030でULTRA HD対応です。
4KハイビジョンディスプレイはPanasonic VIERA TH-50AX800F [50インチ]です。

両方共4K ULTRA HD対応なので、今回始めて4K ULTRA HD版のブレードランナー2049を購入しました。








さて4K ULTRA HD版のブレードランナー2049を観るために一工夫必要です。

なぜならBlu-rayレコーダーのPanasonic DMR-UBZ1030の4K出力は1つしかないのです。

これまでBlu-rayレコーダーの4k HDMI出力は、HDMI入力信号をD端子出力信号として出力する装置で変換し、PCのD端子ハイビジョンキャプチャーボードPV4に繋いでWindows10で観てきました。

[Simble] HDMI to D端子 コンバーター 変換器

新品価格
¥5,980から
(2018/3/8 17:11時点)




(PV4の代わりにUSB入力のハイビジョンキャプチャー装置を使えば、このHDMI to D端子 コンバーター 変換器は必要ないです。)
ですがこれでは4K ULTRA HDを観ることは出来ません。
そこで、まずHDMI切替器を購入しました。
これはHDMI分配器ではなく単なるリレー式のHDMI切替器です。
スイッチの切替で、一つのHDMI入力を2つあるHDMI出力のどちらかに切り替える装置です。
いちいちスイッチでPanasonic DMR-UBZ1030の4K出力を切り替えなければなりませんが、手作業でバックパネル面のBlu-rayレコーダーの端子を抜き差しするよりはずっと楽です。





HDMI切替器 双方向セレクター 4K/3D/1080p対応 1入力2出力/2入力1出力 手動切り替え 電源不要

新品価格
¥1,190から
(2018/3/8 17:13時点)




2つあるHDMI切替器の先の一つは
・4KディスプレイのPanasonic VIERA TH-50AX800F [50インチ]
もう一つは
・1入力4出力のHDMI分配器
へ送ります。




【LEICKE KanaaN】 1入力4出力 4K HDMI 分配器 スプリッター 1 to 4

新品価格
¥2,999から
(2018/3/8 17:15時点)




HDMI分配器はHDMI Splitterともいい、1入力を同時に等しく4出力するものです。
この分配器はどうかわかりませんが、下位機種の1入力2出力のものはHDCP解除機能があるようです。
販売は信頼性のあるSPD Japan です。
HDMI切替器からHDMI分配器に入力した信号を以下のように分配しました。
・4Kハイビジョンディスプレイ Panasonic VIERA TH-50AX800F [50インチ]
・2Kフルハイビジョンディスプレイ SONY KDL-46W5000 [46インチ]
・HDMI信号をD端子信号に変換する装置→D端子入力WindowsPC用ハイビジョンキャプチャPV4(PCIバス用)
これらの3出力を使用しています。
ここでPanasonic VIERA TH-50AX800F [50インチ]とSONY KDL-46W5000 [46インチ]のために分配したのは、PCの電源OFFでPV4が使えなくてもBlue-rayレコーダーでコンテンツを観たかったからです。
4分配なのでまだ一つ余っていますが今回はまだ使っていないです。
これでPanasonic VIERA TH-50AX800F [50インチ]でULTRA HDとハイビジョンディスプレイ SONY KDL-46W5000でフルハイビジョンの2Kで観ることが出来ます。
そしてPCのハイビジョンキャプチャーのPV4でキャプチャーし、Windows10のPV4再生ソフトで観ることが出来ます。

ただし、2Kフルハイビジョンディスプレイで見る場合やWindows10でPV4で見る場合はBlu-rayレコーダーを4Kの設定の場合2Kの設定にしなければなりません。
4K信号と2K信号を自動的に区別できないのです。
しかも4K設定を2K設定にする場合は2Kはうつらないので4Kがうつる4Kハイビジョンでやらなければならないので少し面倒です。
この2Kと4Kの切り替えは慎重に行わなければなりません。
もし2Kを4Kに切り替えて数秒後に2Kに戻ります。

PCのハイビジョンキャプチャーPV4を使わなくてもBlu-rayレコーダーのPanasonic DMR-UBZ1030と2台のハイビジョンディスプレイだけで4K動画と2K動画のBlu-rayコンテンツを見ることが出来ます。

この1入力4出力のHDMI分配器はHDCP解除が可能かもしれません。
あいにく僕はPS3等HDCP解除しなければならない装置は持っていませんのでわかりません。ただし、この下位装置の1入力2出力のものはHDCP解除ができるようです。
PS3のHDCP解除はYoutube等でゲーム実況に役立ちます。
それ以外は大人の事情で・・・HDCP解除は法律違反ではないのですけどね。

今回はかなり複雑なHDMIケーブルの配線とULTRA HD対応、HDMI Ver2.0(4K対応)のハイスピードHDMIケーブルが必要です。







ですが、当初の僕が考えた配線の設計で実現できて良かったです。

nice!(0)  コメント(0) 

スピーカーに冷蔵庫用消臭剤を入れて音が変わるか [オーディオ・ビデオ]

オカルトオーディオと言われるかもしれませんが。

最近ネットでNS-1000Mのレストアや改造を見ています。

簡単ですが気になるのがありました。

あるスピーカー会社が見つけた方式で「空気の分子を活性炭が吸着する働き」です。

さらによく似た方式がありました。

松下電器産業株式会社(パナソニック)が開発した「ナノベースエキサイター」です。
超小型/薄型スピーカ向け、原音に忠実な低音再生方式の開発
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn070730-2/jn070730-2.html

NS-1000Mに100均の冷蔵庫用消臭剤を入れている記事もありました。

そこで僕はNS-1000Mではなく、Amazonで評価が高いNS-BP200に取り付けてみようと思いました。

まずは100均で購入。



最近はゼリー状タイプもありますが粉末タイプを使います。
NS-BP200に3個づつ、計6個をつけました。

まずはNS-BP200のウーハーを外します。







六角レンチで外しました。


中はこのようになっています。






100均で買ってきた冷蔵庫用消臭剤を分解し、中の袋に入った消臭剤だけを使います。




消臭剤に両面テープを貼り下面に2個上面に1個取り付けました。(写真なし)
ウーハーをもとに戻します。
対角線上の順番でネジを締め最後に増し締めして終了です。



現在はNS-1000Mの上にNS-BP200とNS-10MM(サラウンド用)を設置しています。



現在はこのように重いNS1000Mの上においています。
そのうちNS-BP200用のスタンドでも作る予定です。

さて、左チャンネルだけに冷蔵庫用消臭剤を入れ右チャンネルはそのまま、そしてPCのサウンドのセッティングで出力をモノラルにして左右の音を聴き比べました。

やはり吸音されてるせいなのか、音圧は前より下がりました。
PCの設定のボリューム上3db~5dbほど下がっているみたいです。
低音倍増などにはなりませんが、ボリュームを大音量レベルに上げても、下品な音になるレベルポイントは上ったようです。
もともと低域から高域まで綺麗な音が出るスピーカーなので、それが顕著になったというところでしょうか。
この改造を行ったのは夜なので大音量はまだ少ししか試していませんが、機会があったら報告します。

NS-1000M購入後そればかりで音を聞いていましたが、NS-BP200も値段の割になかなか健闘することがわかりました。
完全なモニタースピーカーとまではならなくても、けっこう良い音が出ます。
nice!(0)  コメント(0)