So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
エアソフトガン(トイガン) ブログトップ
前の5件 | -

エアガンM4A1 MWS用ガンカメラのマウントアタッチメントを変えました。 [エアソフトガン(トイガン)]

ガスブローバックエアソフトガンM4A1 MWS用ガンカメラのマウントアタッチメントを交換しました。

今まで使ってきたのは以前購入した以下の写真のアタッチメントです。









エアソフトガンのピカティニーレールの右や左に取り付けるタイプです。
ちょっと大きくて右に大きくオフセットされるのが難点です。
銃を右を下に置いても左を下に置いてもタクティカルライトかガンカメラに当たってしまいます。

今回検索したらエアソフトガンのピカティニーレールの上や下に取り付けるタイプを見つけました。











エアソフトガンの下のピカティニーレールにマウントしました。
さて、ここで疑問に思われる方もいますね。
カメラが逆さまじゃね?
って…。
大丈夫です。
このSONYの4Kアクションカム FDR-X4000は撮影の設定で上下を逆に設定することができます。
つまり、この状態で撮影するときは上下を逆に設定すれば逆さまの逆さまで正常に撮影できます。
他のアクションカムでこの設定ができるかどうかはわからないです。



先日購入して装着した定番のスルーナイト ThruNite TN12 XP-L V6 LED フラッシュライト用の18650リチウムイオン電池が到着しましたので点灯させてみました。
五段階切替で最強のMax1100 ルーメンで点灯させてみました。
さすがは3.7Vフラッシュライト専用18650リチウムイオン電池。明るいですね。
容量も3500mAhです。
発火の危険があるので国産セルを使用した製品が良いでしょう。
それとフラッシュライトの直視は危険です。

【日本製セル KEEPPOWER 18650 3500mAh バッテリー】 電池ケース付属 パナソニック製Cell+SEIKO製PCB回路搭載 リチウムイオンバッテリー

新品価格
¥1,710から
(2018/6/8 22:29時点)





nice!(0)  コメント(0) 

タクティカルライトの定番ThruNiteのTN12とフルオートトレーサーを買ってみた [エアソフトガン(トイガン)]

所有しているエアソフトガンM4A1 MWS用のタクティカルライトとしてAmazonで安かったライトを使ってきました。





このフラッシュライトは明るいのですが重いのです。

そこで定番のスルーナイト ThruNite TN12 XP-L V6 LED フラッシュライトを購入しました。

スルーナイト ThruNite TN12 XP-L V6 LED フラッシュライト(電池含まず) Max1100 ルーメン 五段階切替 使用電池 CR123A電池×2 or 18650電池×1 (TN12 2016 XP-L NW)

新品価格
¥4,995から
(2018/6/8 22:15時点)





開封の儀です。












防水仕様です。

電池は付属していなかったのでリチウムイオン電池を買いました。

【日本製セル KEEPPOWER 18650 3500mAh バッテリー】 電池ケース付属 パナソニック製Cell+SEIKO製PCB回路搭載 リチウムイオンバッテリー

新品価格
¥1,710から
(2018/6/8 22:29時点)





2016年モデルからライトモード切替スイッチがゴムから金属に変わりました。





M4A1 MWSのピカティニーレールに装着したタクティカルライトを今回購入したTN12と交換しました。
ピカティニーレールに対応したこのホルダーは可動式でオススメです。
フロントヘビーが改善されました。



電池がまだ来ないのでまだ光らせてはいないですが、1000ルーメン超えの明るさが期待できます。
ハンドガンだとTN12でも大きいのですが、M4A1 MWSでは丁度よい大きさです。

TN12はフラッシュライトとしてThruNiteの定番でオススメです。
今回のTN12の色はNW、つまりNEUTRAL WHITE(ニュートラルホワイト)です。

USB充電機能付きのTC12というのもあります。


ついでにこのようなものも買いました。

XCORTECH XT501 MK2 ウルトラブライト UVトレーサー

新品価格
¥6,300から
(2018/6/8 23:29時点)




畜光弾に紫外線を当てて発射して、実銃のようにBB弾を光らせるものです。
実銃と違うのは色が緑というところです。











銃の先端のフラッシュハイダーを外しこのトレーサーを装着します。
畜光BB弾がこのトレーサーの中を通るとき紫外線を浴びて光って飛んでいきます。

楽しいです。


nice!(0)  コメント(0) 

M4A1 MWSガスブローバックアサルトライフルのリコイルショックを強くした [エアソフトガン(トイガン)]

これも予定していたこと。

東京マルイM4A1 MWSのリコイルショックを強くしました。
欲しかったHOBBY SHOP FRONTIERのハードリコイルバッファが届きました。
東京マルイ M4A1 MWS用 反動強化 ハードリコイルバッファー カスタムパーツ
です。



左が付属のリコイルバッファ。プラスチック製で24gmです。
右がHOBBYSHOP FRONTIERオリジナル ハードリコイルバッファです。真鍮製で220gmです
重量24g程度のプラスチックのパーツを220gの真鍮製の重いパーツに交換し、強力なリコイルを楽しむものです。











パーツ自体はテイクダウンしてストック部分に入っているプラスティック製のリコイルバッファをこの金属製のハードリコイルバッファと交換するだけです。

さて効果はいかに

明らかに違います。
驚く程リコイルショックがアップしました。
マック堺さんはこのハードリコイルバッファを組み込んだM4A1 MWSは実銃並みとまで言っていました。
ただし大きな違いは反動の大きさではなく反動のスピードだと。
方や実銃は火薬の瞬間的な爆発、方やガスぶろはガスの膨張です。
リコイルバッファが重くなって少しもっさりした動きになっているという人もいますが僕はあまり感じないです。

ただ言えるのはこのハードリコイルバッファはショックが大きく銃には良くないので弾を多く撃つサバゲーには向かないです。
お座敷シューター、お庭シューター、レンジシューティングには実銃のような反動が体験できて面白いです。

リコイルが強力でもし壊れたら、壊れたパーツの交換が必要です。
僕はグリスとして評価の高いTAMIYAセラグリスHGを多めに塗りました。
今回のM4A1MWSのハードリコイルバッファーで中の汚れを取ったりグリスを塗りなおしました。そろそろハンドガンのUSPコンパクトも整備しようと思います。

ちなみにマック堺さんは




とFACEBOOKでレビューしています。
nice!(0)  コメント(0) 

HOBBYSHOP FRONTIERオリジナル高性能SCOPEを購入 [エアソフトガン(トイガン)]

ガスブローバックアサルトライフルファンの皆さん、こんにちは。

以前からずっと気になってたものがありました。

僕はエアガンが趣味なのですが、持ってるエアガンはハンドガンがUSP COMPACT、アサルトライフルがM4A1 MWSです。
両銃とも撃ち味がよく気に入っています。
さばげーはしませんので電動ガンは好きになれなです。

ハンドガンにはスコープやダットサイトはつけられないのですが…。
これまでガスブローバックアサルトライフルのM4A1 MWS用にダットサイトをつけていました。
ですがダットサイトでは満足できずついに買ってしまいました。
それでもダットサイトは室内用で使用します。

HOBBY SHOP FRONTIERの
【フロンティアオリジナル】ミルドットレティクル サイドフォーカススコープ 3-10×42 30mm径
このスコープ、大人気で毎年再入荷しては売り切れてしまうというものです。

開封の儀





中国製ですが高性能です



マウントリングは別売りです。







ハイマウントベース装着しないと大きなスコープは前後のレンズが大きいのでピカティニーレールに装着できないです。
スコープの位置も前にセット出来ないのでアイレリーフ上問題があります。
ハイマウントリングを使う方法もありますが、マウントする際に六角レンチをつかうひつようがあります

DSC04962.jpg

DSC04961.jpg



愛銃のガスブローバックアサルトライフルM4A1 MWSに早速装着しました。

DSC04963.jpg

ウエポンライトと一緒に装着すると迫力があります。
ウエポンライトの反対側には春に購入したアクションカムを装着します。
残ったピカニティレールにはレーザーサイトでもを装着しようと思います。
本当はもっと軽いウェポンライトが欲しいのですが…。

なかなかかっこいいでしょう。

さて、この【フロンティアオリジナル】ミルドットレティクル サイドフォーカススコープ 3-10×42 30mm径の感想ですが、評判通りとてもいいです。
いつもすぐ売れ切れてしまうので2年目にしてやっと購入できて良かったです。
約、全長35cm、重さ800gと重いです。
M4A1 MWS本体重量2,970g (空マガジン含む)、ウエポンライト(不明)、アクションカム不明ですが、全重量4Kgは超えます。
重いです。

このスコープは明るくクリアに見えます。
サイドフォーカスなのでピントもピッタリ合います。
1度覗いたら他のスコープは覗けないほど素晴らしい解像度です。
レティクルが細いかなと感じました。ですがレティクルが見えないわけじゃないのでこれでいいです。
僕は、アイレリーフ(接眼レンズ最終面からアイポイントまで測った長さ)のポイントからスコープを覗いた場合、全視野がケラレることがないよう、ピカティニーレールの位置やスコープの位置を設定しています。
ケラれるとは、スコープで覗いた場合、周囲が、トンネル状などに黒くなる事です。
写真を撮影した場合、四隅が暗くなる現象です。
スコープの覗き位置でこの現象が発生します。
例えばスマホのレンズ部分に望遠レンズを取り付けた場合、四隅が黒くなることがあります。
nice!(0)  コメント(0) 

SONYのアクションカムFDR-X3000をガスブローバックエアソフトガンM4A1 MWSに装着して射撃を動画撮影 [エアソフトガン(トイガン)]

先日購入したSONYのアクションカムFDR-X3000とコンパクトデジタルカメラのCyber-shot DSC-WX300をエアソフトガンに取り付けて射撃の撮影をしてみました。

Cyber-shot DSC-WX300の動画撮影は付録のようなものと思っておりまして、手ブレ補正はイマイチ。
ですが、アクションカムFDR-X3000の空間光学手ブレ補正は凄いと思っていました。
装着したエアソフトガンは
M4A1 MWSです。
ガスブローバックのリコイルショックが大きいです。
M4A1 MWSに装着するにあたってマウント用の部品を買いました。











現在はウエポンライトとカメラを逆に装着しています。

さて、射撃です。
夜なので家の廊下で行いました。

最初にDSC-WX300での射撃。



めちゃくちゃブレています。


次にアクションカムFDR-X3000での射撃。



ほとんどぶれないですね。
まるでブローバックのショックが無い電動ガンを撃っているような動画です。

タグ:ガンカメラ
nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - エアソフトガン(トイガン) ブログトップ