So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
PC インターネット ブログトップ
前の5件 | -

ゲーミングマウスは有線式がいいね。でも無線でも使いたい人はこのマウス。 [PC インターネット]

僕はPCでゲームをしないのでマウスは無線式を愛用してきました。
マウスは品質ではロジクールが一番だと思います。
でも、ロジクールの有線式ゲーミングマウスを使ったらこれがなかなか良い。
無線式はタイムラグがあります。
特にBluetoothマウスは反応がいまいちです。
無線マウスでホイールの動作が正確に動かないマウスもあります。

ゲームをしないので反応の鈍さを感じないキーボードは静音式のBluetoothキーボードやロジクールの無線キーボードを使っています。

それで、有線式無線式を兼ね備えたロジクールのゲーミングマウスがあります。


ワイヤレス ゲーミングマウス ロジクール G903 ワイヤレス充電対応 LIGHTSPEED 軽量構造 左右対称




ちょっとお値段が高いですね。
それなりに品質はいいのでしょうけど。
G900という更に高いモデルがありますが違いは未調査です。


で、僕が購入したのは。


ゲーミングマウス ワイヤレス 有線 両方可能 2.4GHz 11ボタン 2400DPI切り替え 光学式 無線マウス 充電式 MMO fps向け ゲームマウス 小型 3色LEDライト 改良版 CW100 2年保証 Mac、Windows10/8/7など対応 (ブラック)





DPIは1000-1600-2000-2400とロジクールのG903の200-12,000には負けますね。
でもゲームはしないのでいいのです。
ゲーミングマウスで有線無線両対応なら。













まず開封して思ったのは手のひらで覆われる部分のLEDで光る変な羽のようなマークは無意味かな?
上面はマットなブラックで手の汚れがつくと目立ちますがいい感じです。
サイドは光沢のあるブラックですが滑りますね。いや、サイドなら滑ってもいいのかな?

まずは無線で使ってみました。
充電電池内蔵でMicroUSB端子をPCのUSB端子に接続すれば自動的に充電されます。
電池式ではなく内蔵式なのでバッテリーの充電回数や容量低下などの寿命は心配ですが寿命が尽きる頃はマウス本体も寿命でしょう。
壊れなくても、クリック感がへたってくるでしょう。
1回のフル充電で最長約3ヶ月間(LEDライト未使用)使用できます。
約8-10時間で充電完了します。
USBケーブルは1.5mです。
デスクトップ機で使う場合は短いかもしれません。
僕はケーブル長1mのUSB HUBをディスプレイの手前に設置していますのでそのHUB繋げれば長さは十分です。

このマウスのMicroUSB端子とPCのUSB端子を接続すれば自動的にUSBマウスとして認識されます。
無線で使う場合はマウス本体の電源をオンにします。
有線で使う場合はマウス本体の電源をオフにしても動作します。
有線無線お両方でドライバのインストールは必要ないですが、ということはロジクールのゲーミングマウスのようなボタンの割当やLEDの色の設定等、細かい設定はできないです。

ロジクールの有線ゲーミングマウスも所有していますが、現在は今回購入したこのマウスを使っています。

大きなハイビジョンディスプレイでの運用ですが、僕の通常使用時の画面に近い場合は有線で、動画を見るようにディスプレイから離れて使う場合は無線で運用しています。

ホイールの感触は良い方でクリック感がありカチカチっていうよりクリクリっていった感じです。
マウスボタンのクリック感はよい方だと感じています。

nice!(0)  コメント(0) 

セルフパワーの7ポートUSB3.0ハブを購入 [PC インターネット]

リビングのオーディオ・ビデオ用、仕事用のメインPC…。
残念かどうかは判断できませんがモニタースピーカーNS-1000Mスピーカーを購入しセッティングの結果、スピーカーの真後ろの配置となってしまいました。

ここで困るのはUSBポートへのアクセス。
PCにはUSB3.0が4つ、USB2.0が6つです。

USB3.0機器はBlu-rayドライブとUSB3.0の2.5インチハードディスクケースです。
PCのケースにUSB3.0のポートはないので、後ろのマザーボードのポートへ接続となり、ケーブルも短いのでいつも大変です。延長ケーブルを買っても良いかなとは思っていましたが・・・
その他は、USB DAC、スカイプ用USBカメラ、iPhone用とiPad用のライトニングケーブル2本、BUFFALO製キーボード,マウス用無線機器が2個、Logicool用無線機器が1個、Bluetooth送受信機が1個です。USBメモリのためのポートはケース前面パネル上のポートを使っています。

と何かといっぱいUSBポートを使っています。
ライトニングケーブルが短かいこと、USBメモリやUSBハードディスクやBlu-rayドライブを使う時にいちいちPCは本体裏にアクセスしないとダメな時があり不便でした。
時々USBキーボードやUSBマウスを繋げる時もありました。

今回PCがNS-1000Mスピーカーの後ろに隠れてしまい事実上PCのUSBポートへのアクセスができなくなりました。
そこでUSBハブの購入となりました。

4ポートのバスパワーUSBハブなら安いですが、USBハードディスクを使うことも考え、USB3.0の7ポートセルフパワーUSBハブの購入となりました。

購入したのは


Gomass USB ハブ USB3.0 7ポート + 1スマホ 充電ポート 5V 3A 電源付属 バスパワー/ セルフパワー 個別スイッチ付き 1M




Amazonの評価は 121件のカスタマーレビューと他の7ポートハブより多く、評価の星も多いので上々です。

早速来ました。
開封の儀です。













オンオフスイッチがあり、これならBlu-rayディスクレコーダーのUSBハードディスクを複数使う場合、Blu-rayディスクレコーダーとの抜き差しの必要はなく、ハブにUSBハードディスクを複数繋ぎっぱなしにして、オン・オフすればいいですね。



1ポートだけ充電専用のポートがあります。

ケーブルも1Mと長くハブをハイビジョンディスプレイの前に置きました。
軽いので両面テープで固定しました。

USBキーボードやUSBマウスを抜き差ししていましたがつなげっぱなしができます。
ワイヤレスキーボドやマウスは反応が鈍ったりペアリングが切れたりすると厄介なのです。
ライトニングケーブルも2本余裕で接続できます。いつもは1本しか使っていませんけどね。
Blu-rayドライブやUSBハードディスク用のケーブルだけをつなげっぱなしにできます。
いつも持ち運びするUSB DACも楽勝で抜き挿しできます。
USBメモリもです。

設置しました。





ハイビジョンディスプレイの右前に設置しました。
ちょうどアンプースピーカーセレクタ、中華デジタルアンプ、USB DACがるところです。
ケーブル等もごちゃごちゃして美しさにはかけますが、全ていつも触る機器類です。

USBマウス、USBキーボード、ライトニングケーブル、USB DAC、Blu-rayドライブ用ケーブルUSBメモリと、前にあったほうが便利な装置のケーブルや機器を接続しました。
USBマウス、USBキーボードのケーブルも長くなって便利です。
nice!(0)  コメント(0) 

PCケースファンを交換 [PC インターネット]

やっと我がPCが復活できて、調度良いので少しPCをモディファイしました。
モディファイと言っても性能面に関係ないところです。
LEDケースファンを交換しました。

ファン自体の風量、音、回転数等の性能は無視して、今まで使っていた3つのLEDケースファンを交換しました。

購入したのは水冷ラジエーターファンにもなる

Aigo PCケースファン 120mm 超静音RGBカラー LEDリングを装着した水冷ラジエーターファン 冷却ケースファン3個セット (C3)

新品価格
¥3,650から
(2017/11/13 00:48時点)




です。

今まで使ってきたLEDケースファンはグリーン1つとレッド2つがただ光っているだけです。



今回購入したのは







この3つのケースファンです。

早速これまでのグリーン1つとレッド2つのファンを外し、このLEDリングファンに交換しました。



まずはフロント2つを交換。



これはファンコントローラーで回転数やLEDの光り方を切り替えます。





ケースを閉じるとこのようになります。

LEDのリングがクルクル回って落ち着かないかなと思ったら好きな色で回らないようにすることも可能です。

こういうのってPCの自作機ならではの楽しみです。

次はCPU交換、メモリ増設、CPUクーラーの水冷化ですかね。

今のCPUは数世代前のcore i7 2600kでGPUがCPUに内蔵されているのでグラボは持っていないのですが、PCIeレーンに高性能なグラボを刺しても良いかなと思っています。

福井人はPCを自作したりするのでしょうかね。
いまのオススメ自作はAMD Ryzen 7を使ったマシンですね。

nice!(0)  コメント(0) 

お久しぶりです。メインPCのハードディスクが壊れてしまいました [PC インターネット]

僕のメインPCのハードディスクが壊れてしまいました。


僕のメインPCは

CドライブがSSDで250Gbytes。
Dドライブが3TBytes×2台=6TBytesのRAID0

です。

技術的な話になりますがRAIDとはRedundant Arrays of Inexpensive Disksの略です。
複数台のハードディスクを組み合わせることで仮想的な1台のハードディスクとして運用し冗長性を向上させる技術です。
僕の場合2台のハードディスクを利用して冗長性より2台のハードディスクにデータを分散して読み書きし高速化したもので、これをストライピングと呼びます。
今回はこのDドライブの2台のうちの1台が壊れ、PCのDドライブのデータが駄目になりました。
1台のハードディスクは残りましたがこれはBlu-RayレコーダーのUSBディスクにでも転用しようと思います。

僕はPCのハードディスクが壊れた場合不安なのでNAS(ネットワークアタッチトストレージ (Network Attached Storage))という、コンピュータネットワークに直接接続して使用するファイルサーバを設置して、そのファイルサーバにPCのデータをバックアップしています。
実際は3TBytes×4台のRAID5です。
ですから今回PCのDドライブがだめになりましたがデータは常にバックアップを取っていましたので助かりました。

そこで考えたのですがこれまでのDドライブのハードディスク×2のRAID0の構成はハードディスクにかかる負担が多いのではないかと考えましてRAID0をやめることにしました。
購入したのは6Tbytesの大容量のハードディスク1台です。
24時間かけてNASの約4.5YBytesのデータを1日かけて新しく買った6TBytesのディスクに書き戻しました。
6Tbytesのうち4.5Tbytesは使用済みですがまだ1TBytes以上空き領域があります。
足りなくなったらPCには3台分のHDDのSATA端子の余裕がありますし、NASの空き領域はもっと容量が多いです。

バックアップからの復活は終わったのですが、今はPCのハードディスクデータとNASのハードディスクデータが同じであることを確認するための作業をしています。
この作業でも10時間以上かかります。
その間PCは起動しっぱなしですが、購入したハードディスクはNASの常時運用に適したWestern Digital社のRedです。
nice!(0)  コメント(0) 

我が家のIT環境を文章で整理してみた。 [PC インターネット]

我が家は

PC
   自作のMicroATX機:2台
   MacBook Air:1台
   (管理対象外だけど妻の会社のノートPC:2台)

モバイル機
   iPad mini 2:1台
   iPad mini 4:1台
   Amazon Fire Tablet:1台
   iPhone 7:1台
   iPhone 6s:1台

その他
   バックアップサーバ ReadyNAS 100 RN104:1台(HDD 3Tbytes✕4)
   モバイル端末用USB3.1インタフェース2.5インチ3TbytesHDD
です。

普段僕はiPhone 7やiPad mini2を傍らにおいてメインPCとMacBook Airに向かっています。
メインのMicroATX PCは仕事用、キャプチャー動画鑑賞用、ネット閲覧用、データ保存用等マルチに使っています。
SSD起動でデータ用ストレージは3TBytes HDD✕2です
サブPCはダイニングテーブル下にあります。
数世代前の遅いCore 2 Quad Q9650 CPUですがSSDを3台でRAID0で起動しているのでCPUは多少遅いですが苦痛ではないです。
データ用ストレージは搭載してません。メインPCのデータ用Dドライブをネットワークマウントして使っています。
MacBook AirもSSD起動で、データ用ストレージがないので自宅ではメインPCのデータ用Dドライブをネットワークマウント、モバイル環境では2.5インチ3TbytesHDDを使っています。
MacBook AirはBootCamp搭載でMacOS XとWindows10を切り替えて使っています。

ディスプレイは46インチの2Kハイビジョンディスプレイと、50インチの4Kハイビジョンディスプレイです。

僕はゲーマーではなく動画キャプチャー鑑賞などが趣味なので高速なグラボは使っていないです。
HD画質の動画がスムースに再生できれば十分です。
さらに言えば大容量のHDDの方に魅力を感じます。
数年かけて今の環境に落ち着きました。

毎日メインPCのデータが更新されますので早朝に自動的にメインPCのデータドライブをRAID 5で構築したNASである、ReadyNAS 100 RN104と2.5インチ3TBytesHDDに書き込んでいます。

iOSのモバイル機器はたまに仕事で使う以外は特別な使い方はしていないです。
最近購入したAmazon Fire HD 8 Tabletが以外に使いやすいので重宝しています。

ダイニングにあるサブ自作PCは特別なインタフェースもなく、OSも素のWindows10です。遅くはないですが筐体がMicroATXと大きいのでGPD Win ゲームパッド内蔵超小型ノートパソコンやGPD Pocket UMPC Win10に置き換えたいところです。


GPD Win ゲームパッド内蔵超小型ノートパソコン キーボード付モバイルPC ポケットに入るWindows 10 PC「GPD Pocket」Intel Atom x7-Z8700 64bit Quad Core RAM4GB (USB Type-C/USB3.0 /HDMI /Bluetooth4.1/5.5インチIPS液晶タッチパネル)[正規輸入品](2017年モデル)





GPD Pocket UMPC Win10 8GB128GB 7インチミニパソコン 3点セット(本体,オリジナル収納バッグ,保護フィルム)



nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - PC インターネット ブログトップ