So-net無料ブログ作成
検索選択
PC インターネット ブログトップ
前の5件 | -

PCケースファンを交換 [PC インターネット]

先日。

イヤホンをしていてわからなかったのですが。ケースファンの一つから盛大な音がしていました。

ああ、連続運転で4年かと思い新しくケースファンを購入しました。

僕のPCケースはZALMAN Z3 Plusです。
フロントファンはブルーLEDファンです

上部のファン2つとリアファン1つは付属していたLEDで光らない普通のファンです。
そこで、3つを交換することにしました。
すべてZALMANですし、壊れたのも上の2つのうちの一つです。

今回はOwltechを選択しました。
上部2つがRED2つで、後ろが緑です。



ファンと言えども1,000円以上するのですね。

早速装着。
コネクタの装着先ははマザーボードにある3Pin端子。

まず、後ろの緑のファン



明るいです

次に上部です。



赤が2つ
でも、この場所。
横から覗きあげるか、上から見るしか目立たないことがわかりました。
ですが、深夜に真っ暗な部屋では目立ちます。

フロントのファンはLEDが若干暗くなってきていますのでそのうち交換します。

これで、リビングPCのケースファンは全部LEDで青2つ、赤2つ、緑1つとなりました。
イルミネーションはもうやめにしようかなと思います。
あ、そうだ、CPU用のファンも残ってました。

やっぱ、自作はいいですね。

オウルテック PCケース用オリジナルLEDファン 12cm 25mm厚 1400rpm 静音 リブ無し レッド OWL-FY1225L2RD

新品価格
¥1,341から
(2017/2/16 01:09時点)




オウルテック PCケース用オリジナルLEDファン 12cm 25mm厚 1400rpm 静音 リブ無し エメラルドグリーン OWL-FY1225L2EG

新品価格
¥1,341から
(2017/2/16 01:10時点)




nice!(1)  コメント(0) 

AmazonでLOGICOOL ロジクール M170 2.4GHz ワイヤレスマウスが送料込み500円!今だけ安い! [PC インターネット]

今だけですが

LOGICOOL ロジクール M170 2.4GHz ワイヤレスマウスが安いです。

LOGICOOL ロジクール M170 2.4GHz ワイヤレスマウス 無線マウス ブルー M170BL 省エネルギー設計 超コンパクト アドバンス オプティカル トラッキングで高精度 2年間保証

新品価格
¥500から
(2016/12/4 19:37時点)





色は他にもレッドとブラックがあります。
僕は最初ブルーを購入し、壊れたときのためにレッドも購入しました。

開封の儀













チープではありますが使えます。
nice!(0)  コメント(0) 

やっと古いPCが運用できるようになった。RAID構築の問題 [PC インターネット]

新しい240GByteのSSDを購入したのですが・・・

古いPCのSATA規格はSATA2。
購入したSSDはSATA3と、少しもったいない。

そこで、余ってたSATA2の64GbyeのSSD3つでRAID0を構築しました。

Windows7からのアップグレードでUSBに入れたインストールイメージを使ってアップグレードしました。

苦労しました。
まず、SSD3つでRAID5を構築すると、Windows10の最終段階でPCがフリーズ。
リセットすると、起動不可能になってしまう。

この俺がPC1台組めないなどありえないというプライドもありました。

仕方ないのでその3つは1個づつ運用し、240GByteのSATA3のSSDを起動ドライブとして使うことにしたけど、最後のWindows10のアップデートを行ったとき、起動不可能になる。

3週間位いろいろ試して・・・
やっとわかったのがRAIDのボリュームの構築の仕方。

RAID5は諦め、3つの64GbyteのSSDをRAID0で起動ドライブとして構築。
240GbyteのSSDは1個なので、どんなボリューム形態でも良いと思って適当にRAID0にしたのだけどそれがまずかった。
RAIDではなくリニアモード(スパンニングモード)にしなければならなかった。

で、やっと構築できた。
ディスプレイは2階にあった4Kをダイニングテーブルに設置しました。
それでも最高解像度では字が細かすぎる。50cmくらいの距離でなんとか見える感じ。
でも画面が通常の2Kのハイビジョンの4枚分だから、広い広い。

基本的なこの古いPCのスペックは以下の通り



CPUはCore2Quad Q9650 3.00GhzとCore2Quadの中ではハイエンド。
メモリは2Gを4枚
OSはWindows10 64bit

で、早速ですがディスクのベンチマーク

まずはCドライブ。
Crucial M4 64Gbyteが3つのRAID0




次はDドライブ。
先日購入した、高速な240Gbytesの安価なSSD
CSSD-S6O240NCG1Q



ストレスを感じない程度の速さです。


ついでに古いベンチマークソフトHDBENCH

まずはCドライブ

★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.40 beta 6 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor Pentium III 2999.95MHz[GenuineIntel family 6 model 7 step A]
Processor Pentium III 2999.95MHz[GenuineIntel family 6 model 7 step A]
Processor Pentium III 2999.95MHz[GenuineIntel family 6 model 7 step A]
Processor Pentium III 2999.95MHz[GenuineIntel family 6 model 7 step A]
VideoCard NVIDIA GeForce GT 730
Resolution 3840x2160 (32Bit color)
Memory 2097,151 KByte
OS Windows NT 6.2 (Build: 9200)
Date 2016/11/15 09:59
NVIDIA STRIPE 178.87G
NVIDIA SPAN 223.57G

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
998998 842916 844863 345241 130968 262451 37

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write RRead RWrite Drive
2778 1316 1557 20 1839520 3565183 747445 747445 C:\100MB


次にDドライブ

★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.40 beta 6 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor Pentium III 2999.95MHz[GenuineIntel family 6 model 7 step A]
Processor Pentium III 2999.95MHz[GenuineIntel family 6 model 7 step A]
Processor Pentium III 2999.95MHz[GenuineIntel family 6 model 7 step A]
Processor Pentium III 2999.95MHz[GenuineIntel family 6 model 7 step A]
VideoCard NVIDIA GeForce GT 730
Resolution 3840x2160 (32Bit color)
Memory 2097,151 KByte
OS Windows NT 6.2 (Build: 9200)
Date 2016/11/15 10:03
NVIDIA STRIPE 178.87G
NVIDIA SPAN 223.57G

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
941685 844393 850636 350923 130559 261938 37

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write RRead RWrite Drive
2729 1328 1575 19 1782591 2976744 792263 884283 D:\100MB


古いけど結構快適です。
Windows10で後2,3年持ちこたえればいいんですけど、これなら次のWindowsのバージョンでもいけるかもね。
タグ:SSD RAID0
nice!(0)  コメント(0) 

64Gbytes SSD3つでRAID5を構築した [PC インターネット]

先日、高速な240Mbytesの安価なSSD
CSSD-S6O240NCG1Q
を2つ購入し、2機のPCのCドライブとして運用し始めました。

そこで交換したCrucial M4 64Gbyteが2個と余っていた1個の合計3個でRAID5のCドライブを構築しました。

SSD 240GB 2.5inch リード560MB/s ライト510MB/s TLC(Hynix製) CSSD-S6O240NCG1Q

新品価格
¥6,980から
(2016/8/14 03:43時点)




構築したのは高速な240MbytesをDドライブとして、今までのCrucial M4をRAID5でCドライブにしたのです。

2.5インチのSSDを3.5インチベイに装着するマウンタもなく、まだ、「やってみた」という段階です。
速いです。
以前のCrucial M4 64Gbytesを2つのRAID0ストライピングより速いです

3つのCrucial M4 64Gbytesを3つでRAID5を構築すると容量は118Gbytesになりました。
今までCドライブは64Gbytesでしたし、データは新しく買った240GbytesのSSDかNASでバックアップするのでCドライブは118GBytesでも十分です。

一応3つのCrucial M4 64Gbytesを3つでRAID0もやりました。
体感上も速く感じましたが少し怖いのでやめました。
新しく構築したRAID5は体感上はCrucial M4 64Gbytesを2つのRAID0のストライピングですね。

で、わざとRAID5のドライブ3つのうち1つを初期化してリビルドし、もとのRAID5に復元するか試しましたが、ちゃんと構築されました。
当たり前といえばそうですが、今までこのような安心感がなかったので。

新品でも中古でもどちらでもいいですがSSDのRAID5はおすすめです。
一応、SATAポートは5個です。
あと1ポートSATA2端子が余ってるのでもう一個Crucial M4を購入して4つのSSDでRAID5にしたいです。

nice!(0)  コメント(0) 

PCのSSDを最新型に換装 [PC インターネット]

今まで使ってきたLIVING-PCとDINING-PCの64Gbytesと64Gbytes×2のRAID0として使ってきたSSDの容量が圧迫してきたのと、2世代前の物で速度が遅かったので一気に240GbytesのSSDに交換しました。
購入したのは

CSSD-S6O240NCG1Q
最安価格(税込):¥6,740

です。

SSD 240GB 2.5inch リード560MB/s ライト510MB/s TLC(Hynix製) CSSD-S6O240NCG1Q

新品価格
¥6,980から
(2016/8/14 03:43時点)




を2個。

SSDの場合はRAIDにしても体感速度は変わりますがそれほど利点がないので1個づつPCに取り付けました。

まずはリビングPC。
数世代前のcore i7 2600kですが、まだまだ速いです。
用途は仕事とブラウザと、動画キャプチャー鑑賞です。
Cドライブとして取り付けて、面倒ですがWindowsをWindows7からWindows10までバージョンアップしていきました。
インストール媒体はUSBでしたし、SSDへのインストールですので、遅さは苦になりませんでした。
待ち時間が長いときはiPad miniでネットしてました。

さて感想ですが。ブラウザがすごく快適になりました。
重かったFireFoxも快適です。

その他の作業はあまりしないのでわかりませんが、動画編集などは早くなったのではないかと思います。


そしてもう一台、ダイニングテーブルの下にあるDINING-PCです。
ところがいきなり、不調。
電源を入れてもBIOS画面が出ません。
マザーが壊れたみたいなので、中古が2個セットで5,000円で売られていたので買いました。
SSDだとブラウザなどはとても快適ですからまだまだ現役にしたかったのでマザーを交換することにしました。

crucialの64Gbytesが3つ、CFDの60GBytesが1つです。
古いSSDをどうしようか考えています。
考えているのは古いSSD×4でRAID5あるいはRAID0を組んでCドライブにするか、今回購入した240GBytesのSSD単体でCドライブとするか。
僕はNASでバックアップは完璧なのでRAID5にはさほどこだわらず、スピード重視で行くかです。
古いSSDは60Gbytesもあるのでそれは無しにしてRAID0を組んでもよいかと思っています。
60GbytesのSSDはポータブルのケースに入れてテンポラリー用として使ってもよいかなと思っています。

とりあえずはWindows10を構築して実験してみようと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - PC インターネット ブログトップ