So-net無料ブログ作成

妻のiPhone 6sが来ました。LIFEPROOFも買いました。 [iPhone]

妻はこれまで3年間会社が社員に貸与しているiPhone 5sを使ってきました。
バッテリーの縁も早いし、そろそろ限界じゃないかなと思っていましたら、iPhone 6sとなりました。
iPhone 7にならなかったのは、オーバースペックかつコスト的な問題でしょう。
僕もビジネス用にiPhone 7までは必要ないと思っています。

早速LIFEPROOFも買いました。

妻のLIFEPROOF fre for iPhone 5sは僕のと同様ボロボロです。





ここまで使い倒されれば本望でしょう。


購入したのは僕と同じLIFEPROOF nuudです。



LIFEPROOF nuudの特徴は前面にパネルがないことと、ベゼルがプラスティック製であることです。




Amazonで購入しましたが郵便受けに入っていました。






僕と同じこのようなパッケージです。






防水テスト後装着し、電源オンです。
ピンクのLIFEPROOF nuud for iPhone 6sも可愛いですね。





僕のLIFEPROOF for iPhone 7との比較で大きく違うのはバックパネルです。
iPhone 7用は全て透明プラスティックですがiPhone 6s用は上下に色が入っています。
やはり、iPhone 7用LIFEPROOF nood for iPhone 7はリアパネルのデザインを意識して全て透明のようです。
僕のiPhone 7はジェットブラックですので、ティール色ではなくブラックにすればよかったかなとも思いますが、今のところ満足しています。
nice!(0)  コメント(0) 

アクションカムを購入 [デジタルガジェットアクセサリ]

妻の提案でアクションカムを購入することにしました。

今持ってるデジカメは、1眼レフとコンパクトデジカメです。
どちらも動画が撮影できますが、今ひとつ機動力が低下してしまいます。

そこでアクションカムの購入に至ったわけです。
GoProも良いなと思いましたが、色々比較した結果ソニーのアクションカムのFDR-X3000となりました。

まずは開封の儀




大きなダンボールで来ました。




中は10cm四方の箱です。



中身を取り出しました。




袋から取り出すとこんなものです。
本体、ハードケース、電池、USBケーブル、何かわからないけどフックのようなもの。




電池は所有しているコンパクトデジカメと一緒です。
使い回しができます。
電池蓋の裏にQRコードがあってプロファイルをインストールできます。




MicroSDカードスロットです。
所有している32GbytesのMicroSDHCを入れました。



帽子に取り付けるための部品を買いました。

初日の昼に使ってみてのインプレッションです。

色は白いのでちょっと安っぽいかなと思いました。
マットブラックが好きなんですけどね。
設定ですが、自分好みに設定しようとすると設定項目が多くて面倒です。

スマホやタブレットとのWiFi接続ですが、iPhone 7もiPad mini 2やiPad mini4とも楽に繋がりました。
かんたんな部分だけ設定できます。
アクションカム本体は体の一部等、色んな場所に取り付けるのでいちいち外して設定しなくてもよいのが良いところです。

ズームは3倍までです。
所有している1眼レフやコンパクトデジカメのズームには負けますが果たしてそこまで必要かと思えば、アクションカムの用途を考慮すれば3倍で十分です。

光学手ブレ補正はすごいですね。
全くブレないとまで言っていいかもしれません。

帽子に取り付ける場合は防水ケースをはずした方がいいです。
どうしても干渉してしまい斜めになってしまいます。
それに防水ケースに入れると、音がはいらないのでほとんど小さい音でしか録音されないです。
さて次は画質などのインプレッションのブログを書こうと思います。


ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 4K 空間光学ブレ補正搭載モデル(FDR-X3000)

新品価格
¥43,580から
(2017/3/23 14:19時点)



ソニー SONY MCプロテクター AKA-MCP1 C SYH

新品価格
¥3,496から
(2017/3/23 14:17時点)




ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 4K 空間光学ブレ補正搭載モデル(FDR-X3000) フィンガーグリップ AKA-FGP1 C SYHセット

新品価格
¥47,910から
(2017/3/23 14:17時点)



nice!(1)  コメント(0) 

女性必見。靴擦れ対策

以前僕がやけどをした時使用した外用薬、テガダームについて書きました。

僕は起こさないのですが。。。靴擦れ。

かかとの後ろの上の部分ですよね。

よく絆創膏を貼った女性を見ます。

簡単に靴擦れ対策を言いましょう。

順番に

1.足に合わない靴は履かないでください。
2.絆創膏、または浸出液を吸収するようなものは貼らないでください。
  なぜなら浸出液は栄養剤です。
3.創傷面にアルコールなどの消毒剤は塗らないでください。
  創傷面の細胞を傷つけます。
  再生しようとしている細胞組織が死滅します。
  たとえ消毒しても数時間で同じような状態になるそうです。
  生ぬるいお湯で洗うだけでじゅうぶんです。
4.貼るお薬はハイドロコロイド材です。
5.毎日張り替える必要はないです。
  お風呂に入って剥がれたり、自然に剥がれた場合に張り替えます。
  そう大きくない傷でしょうから毎日張り替えても良いでしょうが、せっかくの浸出液が。。。
  それにハイドロコロイド材は高価です。
6.ハイドロコロイド材の説明
  僕がやけどの時使ったのはテガダーム。2度めのやけどではハイドロールも使いました。
  創傷部が深かったり浸出液が多い場合最初にハイドロールを貼ります。
  ハイドロールは巻かれて袋に入っています。創傷部の大きさに切って貼ります。
  靴擦れ程度でしょうから、小さくて済むでしょう。
  これはキズパワーパッドやネクスケアと同じです。
  肌色の物です。
  キズパワーパッドやネクスケアは保護膜付きですが、ハイドロールはハイドロコロイド剤だけです。
  ハイドロコロイドの保護膜のテガダーム スムース フィルムロール でカバーでの覆って保護が必要です。
  比較的速く治りますので、傷が癒えて来たらテガダーム スムース フィルムロールだけ貼っても良いでしょう。
  僕は浅いやけどの時はテガダーム スムース フィルムロールだけでした。
  このテガダーム スムース フィルムロールは貼ってもフィルムはとにかく薄く透明で貼っているかどうか、ほとんどわかりません。
  日にちが経つとフィルムがしわ状になり、貼ってあることがわかるようになります。
  ストッキングを履けば絶対わからないでしょう。
  貼り方(最初に接着する面の白い紙を剥がします)にコツが必要ですので説明書を読みましょう。
  つい、保護面をカバーしている透明プラスティックを剥がしてしまいがちです。
  そちらのほうが直ぐ剥がれてしまうので…・
  それを一度剥がしたら2度と使えないです。
  もう一度テガダーム スムース フィルムロールを用意します。
  僕は何度か失敗しました。
  きちんと密閉して貼ってしまえば、創傷部からの栄養分たっぷりの浸出液は漏れないです。創傷部に維持されます。
  浸出液が体温で暖められて乾燥し完治していきます。
  化膿や炎症を起こしていなければ細菌は勝手に死滅します。
  傷跡も残らないか、残っても若干でしょう。
  創傷部が治ってきたら浸出液も止まるはずです。
  テガダーム スムース フィルムロールは通気性があります。めったにかぶれないでしょう。
  完治したと思っても皮膚面はまだ弱いのでしばらくは貼り続けたほうが良いでしょう。
  ネクスケアやキズパワーパッドは高価で数枚しか入っていませんが、靴擦れ程度ならハイドロールもテガダーム スムース フィルムロール も十分余ると思います。
  また再び靴擦れを起こしても使えます。
  また邪道かもしれませんがテガダームは保護フィルムですので、どうしても同じ靴をしばらく履かなければならないのでしたら、靴擦れが起きやすい面に貼っておくと保護されます。
  もちろん透明なのでわからないです。近くで見てもわからない程です。
  お値段は若干高めです。
  でもケチらないほうが良いです。
  ですが、特にテガダーム スムース フィルムロールの目立ちにくさには感動です。

テイコクファルマケア ヒューマンベース ハイドロール 1ロール

新品価格
¥920から
(2017/3/6 06:22時点)




3M テガダーム スムース フィルムロール 10cm幅x12m 1ロール入り 16004JP

新品価格
¥3,540から
(2017/3/6 06:23時点)





nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。